本文へスキップ

    
カンパネラ・コール ホームページへ ようこそ

お知らせtopics

  

◎新文化施設(あきた芸術劇場)総工費285億円の東北一のホールが令和3年12月に完成します。
 実際の施設使用時期は令和⒋年度に2千席の高機能型ホールと800席の舞台芸術型ホールの使用が可能になります。

 カンパネラ・コール創立75周年記念コンサートを2千席の高機能型ホールでの公演を計画しています。

  選曲は

 モーツァルト
    Vesperae solennes de Dominica KV321


  ヘンデル  Messiah HWV56
 
 

 
をオーケストラと合唱総勢150名で公演を予定しています。
賛助出演として、東京合唱団メンバーの参加も予定しています。
前回(2019.1.13のブラームス・ドイツレクイエム)の参加者は勿論のこと全国で出演希望される方も、是非ご参加願います。

参加者の連絡は、北林宛に連絡願います。

◎カンパネラ・コール令和を迎えての主な活動について

令和元年1月はアトリオンで、文化庁・地域文化功労者授章記念と前田幸市郎先生メモリアルコンサートを盛大に開催し来場者等から称賛いただく。

9月は学習院創立百周年記念会館で、前田幸市郎メモリアル(30周年)演奏会東京合唱団主催に参加し交流する。

10月は、秋田市とドイツ・パッサウ姉妹都市提携35周年記念合唱団として5名参加しました。

パッサウ・聖シュテファン大聖堂オーケストラ、合唱団、指揮者と合同演奏でシューベルト・ミサ曲ト長調D167を演奏し、パッサウ市民から称賛される。

12月は、秋田市主催の秋田市制130周年記念事業「絆のコンサート」アルヴェきらめき広場で秋田市民合唱連盟140名とともに参加し、秋田市民歌2曲(S35年とS54年制作)と混声合唱曲「うた」「平和という果実」2曲演奏し、アルヴェきらめき広場に来場した約500人の市民の皆様からから感動の声が聴かれました。

以上が令和元年の主な活動でした。

それに伴って、カンパネラ・コールに新入団員として令和2年1月から⒋名(男性2名・女性2名)の入団予定です。

県内外問わずに入団募集中です。入団希望者をお待ち致します。

今後は、新県民会館(あきた芸術劇場)完成の令和4年の音楽専用二千人ホールで、オーケストラとプロ・ソリストと合唱で、カンパネラ創立75周年記念演奏会を盛大に開催致す計画です。

通常の練習の他に、特訓練習も計画して充実した活動を致したいと思います。昨年のブラームス・ドイツレクイエム同様に優れた演奏を披露したいと思ってます。

   
混声合唱団カンパネラ・コール団長 北林芳則 

新着情報news

2017年7月17日
サイトをオープンしました。

contents